家庭用自家発電機と太陽光

家庭用自家発電機はガソリンなどの燃料を利用して、家庭で使用する電気を作り出す機械です。
その仕組みからわかるように燃料がなければなりません。
ガソリンスタンドが営業している状況であれば何の問題もありませんが、災害などの場合は燃料を入手することが難しいケースも想定しなければなりません。
具体的にはガソリンを備蓄しておくことになりますが、引火性のガソリンの保管は消防法に定められた基準を守らなければなりません。
家庭で備蓄することは難しいと考えるべきでしょう。
そこで燃料を使わない自家発電機が求められることになります。
それが太陽光発電装置です。
太陽光発電では燃料の代わりに太陽光を使いますから、天気さえよければ無制限に燃料があることになります。
もちろん場所を選びませんから、選び方としては注目に値します。
日が当たるところならどこでもいいのです。
これは災害発生時に大きな力を発揮します。
ただ、家庭用自家発電機と違うのは夜になったら使えなくなる点です。
それを改善するためにバッテリーをセットにした商品が販売されています。
日中にバッテリーを充電して、夜になったらバッテリーで電気を作り出すことができます。
自家発電機と同じように業務用と家庭用があり、サイズはかなり違います。
業務用とは屋根の上に取り付けられた大型の太陽光パネルを中心とした発電システムです。
家庭用でも自宅の屋根に取り付けられているタイプが普及しています。
それをさらに小型化したものが自家発電機と同じような使い方ができるのです。
つまり、持ち運べる太陽光パネルです。
太陽光パネルは薄い板ですが、衝撃などで割れたりしないように頑丈な枠で囲まれていますから、重量は重くなってしまいます
それでは女性が持ち運びすることは困難ですから、薄くて軽くなるように工夫された作りになっています。
雨が降ってきたら雨除けにできます。
家庭用自家発電機を購入しようする場合にどれを選ぶかで迷ってしまうことでしょう。
しかし、選び方は使い方を考えることにつながりますから、太陽光パネルで十分な電気量でいいのであれば、自家発電機に限定する必要はないでしょう。
これからも太陽光パネルの発電効率は改善されていくことが予想されています。

トップへ戻る