家庭用自家発電機とは

家庭用の自家発電機は普通にネットなどでも販売されていますが、仕事で発電機を使用する人でなければ、ほとんどなじみがないでしょう。
家庭用自家発電機が注目されるようになったのは、千葉県での大規模で長期間の停電があったからです。
通常の災害であれば、1日から長くても数日で停電は復旧したはずです。

 

もちろん、北海道の地震の場合のように、住む家が倒壊してしまった時には自家発電機があっても家がないのですから、役に立たないかもしれません。
しかし、千葉県での停電は電柱や鉄塔が広範囲にわたって損傷したために、その復旧に時間がかかったのです。
家屋には被害がなくても電気がないと現代の暮らしは成り立たない状況です。

 

そこで自家発電機の購入を検討する人が増えているのです。
自家発電機の選び方について考えてみましょう。
まず、使用する目的を明確にすることです。

 

一口に自家発電機と言っても、いろいろなタイプがあります。
工事用から家庭用まで使用目的に合わせることが選び方の基本でしょう。
まず、発電機の動力源です。

 

ガソリンや軽油を使用した発電機は機械の知識がない人にはちょっとレベルが高いですし、誤った操作で怪我をしたり火が出たりすることがあります。
購入したら一度使ってみることをおすすめします。
注意しておきたいのは音が意外とうるさい点です。

 

もちろん、使用するのは災害時ですから、音がしても我慢してもらえるでしょう。
自家発電機を見たことがない人は夏祭りなどの出店で使われているタイプを見てみるといいでしょう。
たこ焼き屋の横でうなっている機械があるはずです。

 

それが自家発電機です。
自家発電機は家庭用の100Vを作り出しますが、止めると電気はなくなります。
自家発電機とバッテリーを組み合わせたタイプなら、発電機で充電してしばらくの間は使えるでしょう。

 

自家発電機もバッテリーもかなりの重量となりますから、家庭の主婦や高齢者が使うことは難しいと考えておかなければなりません。
非常用として短時間だけの使用に耐えられる自家発電機もあります。
ガスボンベを使用するタイプです。

 

家庭用のカセットコンロで使用するボンベですから、使用方法は難しくありません。
非常用として自家発電機を考えているなら、自分が使えるかどうかを判断することが重要です。

,

トップへ戻る