家庭用自家発電機の使い方

日本国内で頻繁に災害が発生するようになり、電気がない生活がどれだけ大変なのかを実感している人は少なくありません。
そのために非常用として自家発電機の購入が注目されているのです。
選び方は家庭用と業務用で違うわけではありませんが、使い方に関して知識を持っている人といない人では差が出ると考ええておかなければなりません。

自家発電機の使い方は燃料を入れて、エンジンを回し、その力で電気を作り出します。
エンジンが止まると電気も止まります。
最近はバッテリを内蔵していて、エンジンで充電するタイプも販売されています。

この場合は大きな予備電池と考えていいでしょう。
スマートフォンの充電だけでなく、コンセントが付いているタイプならAC100Vを取り出すこともできます。
使い方を考慮した選び方がポイントになるでしょう。

家庭用自家発電機は女性でも移動させやすいようにタイヤが付いている商品が多くなっています。
エンジンですから基本的にかなりの重量になるからです。
もちろん、取り出せる電力によってサイズは異なりますが、小さなエンジンでは使い道も限定されます。

家庭用で販売されている商品は屋外でのキャンプなどを想定したもので、ちょっとした家電品であれば使えますが、大電力が必要な焼き肉用のホットプレートは使えない場合もあります。
自家発電機の選び方は定格電力をチェックしましょう。

使用する家電品のアンペア数よりも大きな定格電力でなければ使えないのです。
業務用の自家発電機であれば、大きな電力を取り出すことができますが、エンジン音や重量は考慮されていませんから、あくまでも非常用と考えるべきでしょう。
電気がなくても生活できる環境を整えておくことも、災害時の備えとして重要なポイントです。

家庭用の充電器はバッテリを内蔵していて、一般家庭のコンセントや車のシガライター、自家発電機から充電することができます。
災害時に使うためには日ごろから充電しておくことが必要になります。
海底用自家発電機を購入するなら、インターネットの通販サイトでチェックすることをおすすめします。

サイズ、重量、定格電力などはカタログでチェックすれば十分です。
デザインを気にする人はいません。
トップへ戻る