家庭用自家発電機の性能

家庭用自家発電機はインターネットの通販サイトやキャンプ用品売り場で簡単に購入できますが、それぞれに特徴があり性能も異なっています。
どのような選び方をするかが重要となるのです。
鰓ピカタのポイントはどの性能を求めているかでしょう。

 

大きな電力を作る自家発電機は家庭用とは言えないくらいに大型になりますから、家庭用に限定するなら電力は小さいと認識しておかなければなりません。
自家発電機の性能では定格出力の数字を確認します。
出力が1kVAなどと記載されていますから、100で割って10Aの電気を流すことができると思えばいいでしょう。

 

屋外でキャンプをする時に電気コンロを使うなら10Aで足りるでしょうか。
大きな熱を作ろうとすると、それだけ電気が必要となります。
使用する機器に合わせた性能が必要となるのです。

 

通販サイトで家庭用自家発電機をチェックする時には、工事業者などが使用する製品と比較してみるとわかりやすいでしょう。
定格出力に差があるはずです。
もちろん、大きな出力の方が使いやすくなりますが、それだけ大型になります。

 

また、性能で注意したいのは騒音と重量、そして連続運転時間です。
重量は男性が一人で抱えられるのか、女性に移動が可能なのかなどを考えてください。
ガソリンや灯油を使用する自家発電機であれば、その重量も加味すべきでしょう。

 

そして、騒音はキャンプ場などで周りの人の迷惑にならないかどうかを確認します。
最近の製品では騒音レベルを抑えた製品も販売されていますが、出力を大きくすれば必然的に騒音も大きくなります。
エンジンタイプで注意しておかなければならないのは連続運転時間です。

 

ガソリンさえあれば1日中動かせると思っている人がいますが、連続していると発電機は熱を持つようになり、最後にはモーターが焼けてしまいます。
必要な時だけ起動させるような使い方を考慮しましょう。
自家発電機で注目したいのは太陽光パネルを使用して発電する製品です。

 

騒音はまったくありませんが、出力は限定的で、天候に左右される点が一番ネックとなるでしょう。
非常用発電機と位置付けるべきです。
家庭用発電機の選び方は性能を比較するとともに価格もチェックしましょう。
性能がよくなれば価格も上がります。

トップへ戻る