防災用品記事一覧

防災用品は日常生活を送る上では特に必要が無いものです。災害時の非常事態に使用する物なのですが、万が一と言う時の為に防災用品のチェックリストを作っておく事をオススメしたいと思います。でも実際に作ろうとすると何をチェックリストに入れていいか分からないですよね。インターネット等で調べてみると何を揃えたら良いのか出てくると思いますので、それを参考にして作っていくと良いでしょう。また、自分が災害に合った時の...

主にラジオ、懐中電灯、非常食の事を防災用品セットと指している事が多く、こうしたグッズをまとめて防災袋に入れておく事もある様です。こうした防災用品セット、自分の家にはあるので大丈夫と思っていても、揃えたのは随分前の事で、実際に必要とした時にダメになっていたと言う事も充分に考えられます。例えば電池は未使用でも使っていないと数年で使えなくなってしまうとか、食べ物は賞味期限が切れていて結局食べられない物に...

貴方は地震に備えて防災対策を行っていますか。例えば防災用品として売られている物としたら、家具が倒れて来ない様に抑える突っ張り棒、家具の下に敷く物で振動を家具に伝えない様にする物、火災報知器や消火器など、これらは防災用品として多くの所で認識されていますし、対策している人も多い事でしょうね。また非常食やラジオ、水等、持ち出せる物としても備えている防災用品も有ります。こうした防災用品はいくら対策をしてい...

「ラジオ」は防災用品として欠かせない物と言って良いでしょう。最近はラジオより携帯電話があれば大丈夫と言う人もいますよが、当然近年携帯電話も多機能化し、Web閲覧も自由に出きるし、テレビだって見れる様になりました。素晴らしい通信手段だと思います。しかし、常に携帯電話を使っていると言う事、意外にも使い続けると直ぐに電池が無くなる事が防災用品としてはどうなの?と言わざるを得ないと思うのです。日本はただで...

水や食料を用意する事だと防災用品を揃える際に思う方は多いと思います。確かにこの2つは無ければ命に関わる事になりますから大切な物です、他の物に関しては、無ければ不便と言うだけで直接命に関わる物ではないかもしれません。そんな中でも防災用品として揃えておいて欲しいのが「ヘルメット」です。避難する時間が夜間だとしたら懐中電灯も必要だし、電気が遮断されていたら状態が得られないのでラジオも必要だと思います。そ...

出来れば1家庭に1つ、防災用品は用意して置きたい物だと思います。持って避難したい物と言うのは多ければ多い方が良いと思いますが、持って逃げる時の事を考えると多すぎてもいけません。防災用品を揃えるとしたら、安くていっぱい入っている物を揃えるのではなく、質が良い物を揃える様にしましょう。ラジオも電池を使わないで動く物がありますが、電気を発電させる為のハンドルが壊れやすいのであれば意味がありません。避難す...

あなたのご家庭で防災用品を買ったと言う事実だけに満足してはいないでしょうか。中身を実際に触って動かしてみたでしょうか。いざ防災用品を使わなくてはいけない状況の時に使い方が分からなくてあたふたしていたのでは意味が有りません。その防災用品は単なる荷物となってしまいます。ラジオや懐中電灯は一度出して使ってみる。定期的に中身をチェックして食べ物の賞味期限が切れていないか、電池はまだ使えるのか等チェックして...

地震災害、水害、火災と言った災害はいつどのように私達に牙をむいてくるか分かりません。予告もなしに急にやって来て私達を翻弄させます。今回の東日本大震災を含めて過去の災害を振り返り、万が一という時の事を考えて早めに防災用品を揃えて家族や自分を守らなくてはと防災用品の必要性を改めて感じた方も多いと思います。先ずは地震で家具が倒れたり、食器が飛び出してこない様に店頭アイテムを使ったり、窓ガラスを止めるバン...

一言に防災用品を準備しようと言われても、ご自宅の家族構成やその人数によってどんな物が必要なのかは異なってくると思います。普通一般的に防災用品として準備しておきたい物と言ったら、非常食、水、懐中電灯、ロウソク、ライター、ラジオ、洋服、電池、救急セット、ナイフ、貴重品等だと思います。また持病がある方は薬も防災用品の1つとして準備しておく必要が有ります。風邪薬、頭痛薬等、避難生活に入ったら不足してしまい...

震災時にペットと一緒に避難するという事をシミュレーションしておく必要が有ります。防災用品についてはシミュレーション時にあれが必要だとか出てくると思います。震災が起きて避難所にいかなくてはならなくなった場合、ペットを一緒に連れて行く、誰かに預けるという選択をしなくてはなりません。もちろんどちらの状況でもいつペットとはぐれてしまうか分からないので防災用品としての意味も含めて首輪に名前と連絡先を記入した...

普段有るのが当たり前の様にして、電気やガス、水道を使っていますし、食料も好きな物を手に入れられる幸せな生活を送っている人が多い事でしょう。その普段の状態が不完全になってしまうと、私達の日常生活は満足に出来なくなってしまう事も考えられます。いつその様な状態になっても良いように、防災用品を普段から用意しておく必要が有ります。しかし、こうした食料や飲み物だけが防災用品だと思ったら大間違いです。防災用品に...

地震が起こった際、屋内にいて凶器になってしまう様な物と言うと家具等色々有ります。そこで家具に対する地震対策について挙げてみたいと思います。【本棚の本】本棚の本が上から落ちてきたら打ち所が悪いと死に至る場合が有ります、決して大げさではありません。ですから本棚に置く本についても地震対策をしておかなくてはいけません。背が高い本棚を利用しているのであれば、下の段には重い本を置くようにし、上の段には軽い本を...

被災地には日本全国から食料が届きます。それを被災者の方に公平に渡していくのですが、量が不充分だったり、同じ物ばかり渡される事が多いので栄養が偏ってしまったりと色んな問題が出てくるそうです。また東日本大震災でもそうだったが、全ての被災地に平等に食料が行き渡る訳じゃなく、道が開通していなければ満足に届かない場合も有るのです。そうなると食べ物に困ってしまう様な状況になってしまいます。ですから個人でも防災...

いまやペットは家族の一員ですよね。災害にあったからと言って置いて行ける物ではありませんよね。そんなペット達と一緒に避難する為の道具が防災用品として先ず挙げられるのは、防災ジャケットと言う物になります。この防災ジャケットはペット用の物でリードも付いていますので、直ぐにペットに着せて連れ出すことが出来ます。そのジャケットの中に色んな防災用品を予め入れておく事で、いざと言う時に直ぐに着せて連れ出せるので...

災害時に非常用のトイレが有ると随分助かる事と思います。状況によって違いますが、水が断水してしまった時など、どうしても復旧するまでに時間がかかってしまいます。その復旧までしのげる防災用品として非常用トイレが有るととても便利です。阪神淡路大震災、先日起きた東日本大震災の時も断水していつまでも水が使えないと言う状況が続きました。簡易トイレが避難所に出来たそうですが、それまでは大変な思いをしていた事でしょ...

赤ちゃんは両親や祖父母にとってはかけがえのない存在で、自分の命を捨ててでも守ろうとする人が多い様に思えます。震災に合ってしまった時、赤ちゃんを連れてどうすれば良いのか途方にくれてしまうかもしれませんが、赤ちゃんには不快な思いはさせたくないですよね。そこで赤ちゃんに最低限必要な防災用品を挙げてみたいと思います。先ずは紙おむつ、粉ミルク、哺乳瓶が最低限必要だと思います。離乳食時期に来ているのであれば、...

厳密に防災用品と呼ばれる物は存在していません。何故なら防災用品ごときで災害時の状況を賄う事が出来ないからなんです。そして何を最初に準備しておくかと言う事で、よく避難食を用意する人が多いと思いますが、優先順位としては避難食(例えば水やちょっとした食料)は最後の方に準備すれば良いと言う事になるそうです。何故なら日本国内で起きた自然災害時に、水が無いとか食料が無いと言う理由で亡くなった方は殆どいないと言...

地震対策として家庭で行う際、地震が発生した際に家の中の物を予防する事を目的として対策をするのは当然の事ですが、発生して被災した後の生活についての対策も考えておく必要が有ると思います。非常食、水、ラジオや生理用品等の備品等、そうした防災用品が有るのと無いのとでは、全然生活が変わると言っても良いでしょう。その為に、最低限1週間程度はしのげる程度の食料と水、最低限生活に必要な備品を事前に準備しておく事が...

100円ショップって皆さんは利用しているでしょうか。結構色んな物が置いてあり、役に立つ物が沢山有りますよ。そんな中で、防災用品を100円ショップを利用して揃えようという人が結構いる様なのです。地震対策として防災用品を揃えようとしている人はたくさんいます。でも色々揃えるとなると結構お金もかかりますよね。その上定期的に点検して非常食なんかは賞味期限が来たら取り替えなくてはならないとなると大変です。そう...

実際に防災用品を揃えるとしたら、どんな所で購入したら良いのでしょうか。阪神淡路大震災以降、色んなメーカーや会社から防災用品などが販売されています。インターネットで調べてみると、たくさんヒットされますのでクチコミや情報を見て比べてみて本当に必要だなと思った防災用品を購入するのも1つの方法だと思います。そしてインターネットだと、欲しい防災用品が見付かったら安い販売業者を探す事も出来ますので良いと思いま...

家族が1つとなって地震対策に対する意識を持つ事がとても重要ですが、その次にその対策を1つずつ実行していく事もとても大切になります。そこで家の地震対策についてどんな物が有るか挙げてみたいと思います。【地震に強い家作り】基本的な事ですが、家が地震によって壊れない様に作る事が大切です。最近では耐震偽造等が発覚し、地震に対する不安が凄く募っていると思います。今から建てる場合は耐震構造がしっかりとしているか...

私達が最初に出来る震災に対する地震対策ってどんな事が出来るのでしょうか。つい「防災グッズを揃える事」と言いたくなりますが、先ずは家庭内で出来る地震対策をする事に有ります。これをするにあたっては、やる人がどれだけの意識で行っているのか、家庭内で温度差は無いとか、意識を統一させて行う必要が有ります。こうした心構えから家族で始めていく事がとても大切となります。いつも家族が一緒に行動している訳ではありませ...

冷蔵庫や照明ってどこの家にも有りますよね。しかし冷蔵庫は近年大型化が進んでいて震災の時に倒れたら下敷きになってしまう可能性が有ります。また照明も割れてしまう可能性が有ります。そうなると危険ですので地震対策をする様にしなくてはなりませんね。【冷蔵庫】通常の家庭用の冷蔵庫の裏には上の方に穴が開いています。そこにベルトを通して固定し、震災時に倒れない様にすると良いでしょう。またベルトじゃなくて強力な両面...

地デジのテレビを購入した方は今はたくさんいる事でしょう。昔のブラウン管と違って、薄くて大きくてキレイでスタイリッシュでとインテリアとしても良いですよね。でも安定感がブラウン管と比べると低い為、震災が起きたらそのテレビが揺れで倒れるかもしれません。ブラウン管と違って薄いので倒れる確率も高いので壊さない為にも防災用品を使ってテレビの地震対策をした方が良いと思います。被害を最小限に抑えるなら、床に直接テ...

テレビや新聞を見ていて防災用品は用意しておいた方が良いと言うのは分かっていても何をどの位用意したら良いのか実際には分かりませんよね。そこで用意しておいた方が良い防災用品を挙げてみます。【水】非常食として一番大切なのがお水です。しかし日常生活を平和に送っているご家庭では重いし収納場所も取るしでほんの少ししか準備していない所も多いそうです。しかし水はとても大切ですので1人あたり1日3リットルを3日分を...

色んな物が防災用品として準備しておいた方が良いと言われています。その中でも準備しておいた方が良い防災用品をご紹介してみます。【懐中電灯等】懐中電灯を始めとし、ラジオ、電池、ロウソク、ライターなどは準備しておいた方が良いと思います。電気が使えない状況で懐中電灯やロウソクはとても助かる便利物です。ラジオは情報を逐一把握しておく為の手段として必要な物になります。電池も予備を持っていき、ロウソクは長く持た...

緊急時には色んな防災用品が必要となります。個人で出来る物は準備しておく様にするといざという時に慌てずに済みます。そこで防災用品として必要と思われるアイテムをいくつかご紹介して見たいと思います。【エマージェンシー・シート】大型の薄いシートで見た目はアルミホイルの巨大版と言った感じです。これは何に使うのかと言うと、保温効果を高める物になります。つまり毛布の様に使います。薄くて本当に暖かいの?と不安にな...

【手袋】瓦礫や色んな作業をする時に便利な物になります。出来れば布製の手の平にゴムの滑り止めが付いているタイプの手袋を入れておくと良いですね。【ビニール袋】防災用品としてビニール袋も入れておく事をオススメしたいです。種類としては黒い物と透明な物と2つ用意しておくと良いでしょう。ビニール袋の用途は色々です。ゴミ袋として使っても良いですし、雨具として使っても良いですし、色んなシートとして使っても良いでし...

非常食やラジオや懐中電灯と言ったお決まりの防災用品の他にも、用意しておくと良い防災用品はたくさん有ります。被災地では何かと不便な生活が強いられ、そして精神的にも肉体的にも疲労が貯まっていってしまします。そうした暮らしを少しでも和らげられる為に活躍する便利グッズをご紹介したいと思います。【ウォーターバッグまたはウォータータンク】震災等の災害では断水して水道水が使えなくなる事は多々あります。水が無いと...

トップへ戻る