災害と家庭用自家発電機

災害に対する備えは十分でしょうか。
誰にでも降りかかってくる可能性のある災害ですが、いつも予想できない事態になってしまいます。
備えが十分ということはないと考えておかなければなりません。

 

だからと言って何もしなければ状況はさらに悪くなることは間違いありませんから、現時点でできることをやっておくのです。
その一つとして注目されているのが家庭用自家発電機の購入です。
現代は電気がなければ生活できないのが現状です。

 

しかし、災害によって停電が起きてしまいますから、自家発電機を準備しておくのです。
家庭用として販売されているタイプを購入することもできますが、業務用の方が実用性には優れていますから、選び方を考えなければなりません。
家庭用と称されている製品の場合、女性やお年寄りでも使いやすい点が特徴です。

 

もちろん、仕組みはほとんど変わりません。
燃料を燃やしてモーターを回し電気を作り出すのです。
女性が利用しやすいように全体の重量を抑えたり、操作性をよくしたりしています。

 

また、燃料とてガソリンだけではなく家庭用のカセットコンロで使用するボンベを使えるタイプがあります。
ガソリンは引火する危険性がありますから、できることなら利用したくないと思うでしょう。
自家発電機の選び方はどのような使い方をするかを考えることです。

 

日中は明るいですから、夜の間の照明用として自家発電機を準備するのであればあまり大型を購入する必要はありません。
また、災害が復旧するまでの数日間を乗り越えられればいいのですから、すこし低価格品でもいいでしょう。
有名メーカーでないと信頼できないと思うかもしれませんが、いざという時だけの利用に限定すればいいのです。

 

それから、災害時は燃料を購入できないと考えなければなりませんから、あらかじめ準備することがポイントです。
ガソリンを常備することは現実的ではないでしょう。

 

最近注目されているのが太陽光パネルによるバッテリーへの充電です。
自家発電機や太陽光パネルを接続することでバッテリーに充電します。
そして、その電気を必要な時に取り出す仕組みです。
これならば少ない電力を上手に取り出して、無駄のない使い方ができるでしょう。

,

トップへ戻る