家庭用自家発電機の種類

家庭用の自家発電機が注目されるようになったのは国内でも大規模災害が頻繁に発生するようになったからです。
災害によってライフラインが経たれてしまい、生命の危険さえ出てくるようになったニュースを見ていると、日頃からの準備が大切だと誰もが考えるのです。
自家発電機は業務用としていろいろなところで使用されていますが、選び方には注意が必要です。

 

製品としての仕組みは完成していると言えるでしょう。
ただ、業務用の場合は少し大型で家庭用として使う場合には簡単に移動できない、音がうるさいなどの問題がありますから、選び方を間違えると使いにくしょうひんとなります。

 

そこで全体をコンパクトにまとめて家庭用として商品化されたタイプが出てきたのです。
まず自家発電機の燃料によって種類分けされます。
業務用の多くはガソリンを使用しますが、これでは家庭用としての利用は難しいでしょう。

 

ガソリンは保管に注意が必要だからです。
多量のガソリンを保管するためには消防法に準拠した専用のタンクを設置しなければなりません。
ガソリン以外の燃料としては灯油や軽油があります。

 

これらを利用する自家発電機がありますから、それらを購入するのもいいでしょう。
また、太陽光パネルから電気を取り出す仕組みも注目されています。
充電するためのバッテリーと一体化した家庭用が販売されています。

 

太陽光パネルを利用する発電機のメリットは天気がよければ半永久的に使用できる点です。
災害時には大きな力となると期待されます。
自家発電機の購入を県とすることは大切ですが、別の視点から考えてみてはどうでしょうか。

 

電気を使わない生活です。
自分の家庭でどれだけの電気を使っているかを考えてみてください。
無駄な使い方をしていないでしょうか。

 

毎月の電気代を半分に減らすことができれば、2年程度で自家発電機を購入することができるはずです。
電気のない生活は考えられない時代となりましたが、災害に備えることは電気を使わない生活を送ることでしょう。
自家発電機は家庭用といえども、何らかの燃料を補給しなければなりませんから、一時的な対応に過ぎません。
もちろん、災害用だけではなく屋外でのレジャーやイベントで使用することもできますから、電気のないところで自由に使える電気の便利さを実感するでしょう。

,

トップへ戻る