防災用品は何故必要なのでしょうか

防災用品は何故必要なのでしょうか

防災用品は何故必要なのでしょうか

地震災害、水害、火災と言った災害はいつどのように私達に牙をむいてくるか分かりません。予告もなしに急にやって来て私達を翻弄させます。今回の東日本大震災を含めて過去の災害を振り返り、万が一という時の事を考えて早めに防災用品を揃えて家族や自分を守らなくてはと防災用品の必要性を改めて感じた方も多いと思います。

先ずは地震で家具が倒れたり、食器が飛び出してこない様に店頭アイテムを使ったり、窓ガラスを止めるバンドなどを使ったりして地震に備える事、火事でそのルートが通れなくなった場合などの為に、家から避難先までのルートを何ルートか確認しておく事も必要となってくるでしょう。また会社でも避難口等の確認をしたり、避難場所の確認をしておく様にしましょう。

更に消火器など消火機器が何処にあるかチェックしておく事も必要です、そして防災用品として外に持ち出す物を準備しておき、避難袋にまとめて直ぐに持ち出せる様にしておきましょう。中身には非常食、水、救急セットを始めとし、タオル、保温か保冷グッズ、携帯トイレなどが有ると良いですね。どの季節に来ても良い様に揃えておきましょう。そして防災用品は1年に1度中身を開けて中を確認しておく事が必要です。防災用品は私達の健康を、安全を、精神的な支えを守ってくれる物になります。災害時には物資が極端に少なくなり、皆物資を待つ事になってしまいます。そんな状況を少しでも回避する為にも、防災用品は必要な物だと言う認識を改めて持って頂ければ良いと思います。

トップへ戻る