地震に対応の防災用品

貴方は地震に備えて防災対策を行っていますか。例えば防災用品として売られている物としたら、家具が倒れて来ない様に抑える突っ張り棒、家具の下に敷く物で振動を家具に伝えない様にする物、火災報知器消火器など、これらは防災用品として多くの所で認識されていますし、対策している人も多い事でしょうね。また非常食やラジオ、水等、持ち出せる物としても備えている防災用品も有ります。

こうした防災用品はいくら対策をしていても、準備をしていても、実際の地震災害の際に必ず役に立つのかと言うとそんな事はありません。ご自身の家で必要だと思う物だと言われていても、実際に役立たない事もあるのです。色んな情報を見極めて用意しておく必要が有ります。認識の中で、実際の日常生活の中での縮小版の用意をしてくのが防災用品だと思っている方も実際にいます。

何が必要で、何が不用かなんて実際に地震災害に合ってみないと分からないと言う事も多いでしょう。いくら家具を補強しても、家を補強しても駄目な時は駄目なんです。地震対応時に限らず、防災用品を用意しておくと言う事は簡単ではありません。ご自身の避難場所に合わせて選んでいくのも良いでしょう。自分で用意してみて充分だと思っていても、実際に他の人が見るとまだまだだと思う事も有ると思います。しかし用意しないよりはしていた方が良いと言う事は変わりありません。難しいかもしれませんが、万が一の地震災害に備えて防災用品を揃えたり、グッズを使ったりして対策をしてみてはいかがでしょうか。

,

トップへ戻る